T_NAKAの阿房ブログ

アクセスカウンタ

zoom RSS 読売新聞と朝日新聞の世論調査は偏りがあるのか?

<<   作成日時 : 2014/07/28 00:01   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

安倍内閣支持率の区間推定で調査人数が分からなった読売新聞のデータが見つかりました。朝日新聞は左寄りで読売新聞は右寄りという傾向があると思われているんですが、この2誌の安倍内閣支持率を単純に検定してみようと思います。

方法は二群の比率の差の検定に詳しいですが、具体的には EXCEL にデータを入れると簡単に計算できます。
データとしては

 読売新聞:調査人数 1059人、安倍内閣支持率 48%
 朝日新聞:調査人数 1756人、安倍内閣支持率 43%

です。
ここから

画像


が得られました。ここでセルの数式を少し書いておくと

 C5: =INT(C4*C3)、D5: =INT(D4*D3)、E4: =SUM(C4:D4)、E5: =SUM(C5:D5)、E3: =E5/E4

 C6: =(C3-D3)/SQRT(E3*(1-E3)*(1/C4+1/D4))

 C7: =NORM.S.DIST(C6,TRUE)、C8: =1-C7

です。

さて結論ですが、仮に読売新聞と朝日新聞の調査対象が同質なもので、今回のサンプリングでたまたまこういう結果になる確率は 0.489% だということになります。これはかなり小さな確率ですね。普通 5% 以下であればサンプリングでまたまこういう結果になったとは考えず、調査対象は違うもので「有意差が有る」と考えます。

つまり、読売新聞と朝日新聞の調査対象が異質であり 5% 程度の違いですが、読売新聞の調査対象が右寄りで朝日新聞のそれが左寄りということになります。ただ、この2社のデータだけで判断することは危険ですね。この問題はもう少し考えてみたいと思います。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
T_NAKAさん

とても興味深い結果ですね。この計算方法が使えるケースは日常生活でよく見かけますので、この調査結果は信用できるのかな?と思った時は自分でも計算してみようと思いました。
とね
2014/08/06 11:31
世論調査は、普通2段階抽出法で標本を選別しているので(完全にランダムではないのですが)、どんな調査機関で実施しても同じような結果になるはずなんです。なので、有意差が現れるのは何か変なのですが、突然電話をして質問するので、その訊き方とかで差が出てしまうのかも知れませんね。私のところにも世論調査の電話がかかってきたことがあるんですが、(強引な購読勧誘のため)嫌いな新聞社からだったので、回答を拒否したことがあります。案外原因はそういうところにあるのかも知れません。
T_NAKA
2014/08/06 18:14

コメントする help

ニックネーム
本 文
読売新聞と朝日新聞の世論調査は偏りがあるのか? T_NAKAの阿房ブログ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる