T_NAKAの阿房ブログ

アクセスカウンタ

zoom RSS 統計検定2級の試験を見てみましょう(10)

<<   作成日時 : 2014/01/22 00:01   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

統計検定2級 2012年11月18日の第17問〜第18問を考えます。

画像


まず、1番目の表を細工すると、

画像


[1] 平均値=1702.5/25=68.1

[2] データ数が 25 なので、下から(または上から)13 番目のデータがメディアンとなります。
 生データからは、「71」。
 度数分布表からは、下から(または上から)13 番目のデータの含まれる階級値なので「74.5」。
 つまり、「度数分布表から求めたメディアンのほうが、生データから求めたものより大きい」ということになります。

画像


[1] EXCEL を使って計算してみました。

画像


P = 0.2816 で、有意水準 0.05 より十分大きいので、1年生と2年生で、「分散が同じである」という帰無仮説を棄却できず、等分散であるということになります。

[2] まず、元データは 25 人づつのサンプルなので、平均値の差の検定は t 検定を使い、 具体的には二群の平均値の差の検定(t 検定)の手順になります。
 前問で「等分散」が確認されたので、2群をプールした分散は、
    
なので、t統計量は
    
です(自由度は 18 )。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
統計検定2級の試験を見てみましょう(10) T_NAKAの阿房ブログ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる