T_NAKAの阿房ブログ

アクセスカウンタ

zoom RSS 統計検定2級の試験を見てみましょう(8)

<<   作成日時 : 2014/01/13 00:01   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

統計検定2級 2012年11月18日の第12問〜第14問を考えます。

画像


[1] 男性と女性で傾向が違わないと考えて、全体の比率(賛成:81/210,反対:129/210)で、男性130人、女性80人を割ったものが期待度数なので、下表のようになります。

画像

つまり、「男性で賛成」は 50.1

[2] χ2 統計量は

   

なので、

   

画像


何をしたいかと言うと、

   市の人口=10 万×(サンプルの1世帯の平均構成人数)

ということだと思います。なので統計量は「サンプルの1世帯の構成人数」でしょう。これはポアソン分布になると思われるので、母集団の変動係数は、

   

となります。さて、推定量の変動係数は、

   

なので、 です。

画像


実のところ、これは良く分かりませんでした。。
いろいろとググってみると、「ドイツ戦車問題」と同じで、離散一様分布で考えることが分かりました。


[1] ここで、 とすると、

   

なので、参加人数は約 30,000 人となります。


[2] 上の結果を使うと、分散(推定)は

   

となります。ここで分散の加法性を考えると、

   

から、

   

つまり、入場者の標準偏差は 1000 人ということになります。


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
統計検定2級の試験を見てみましょう(8) T_NAKAの阿房ブログ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる