T_NAKAの阿房ブログ

アクセスカウンタ

zoom RSS 日本の1人当たりの自然放射線の平均が改訂されているが、、

<<   作成日時 : 2013/08/25 00:01   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

放射線医学総合研究所の「放射線被ばくの早見図」において掲題の値が「年間約 2.1 mSv」に改訂されていますが、これをどう使うか?ちょっと疑問になりました。。

この内訳は

 宇宙から     約0.30 mSv
 大地から     約0.33 mSv
 ラドン等の吸入  約0.48 mSv
 食物から     約0.99 mSv

で、これらを足すと 約2.1 mSv となります。
自分の住んでいる環境の放射線量を測定したりしてますよね。これは基準ではないのですが、平均とどれだけ離れているのか?気になるところです。外部放射線量なので「食物から 約0.99 mSv」というのは外すべきでしょう。ところで「ラドン等の吸入 約0.48 mSv」はどうするんでしょうか?多分、外すんでしょうね。

そうすると、

「宇宙から 約0.30 mSv」+「大地から 約0.33 mSv」= 約0.63 mSv

が、外部放射線量ということになるでしょう。
時間当りに直すと、

 0.63×103μSv÷365÷24 = 0.072μSv/h

となりますね。


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
日本の1人当たりの自然放射線の平均が改訂されているが、、 T_NAKAの阿房ブログ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる