T_NAKAの阿房ブログ

アクセスカウンタ

zoom RSS GPSの相対論的補正をもう一度検討する_後日談

<<   作成日時 : 2011/11/20 00:01   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 6

「もうひとつの一般相対論入門」に対して、内容に間違いがあるんじゃないか?と11/12 に出版社経由でメールを出していたのですが、11/16 に回答をいただきました。メールをそのまま掲載しても良い内容なのですが、一応私信なので、私が要約したものを書いておきます。私の要約なので、文責は私にあります。

[回答メールの要約]=============================
・どこかの本にのっていた値とずれているので気になっていた。
・しかし、方法論としてはいいだろうと思いそのままにしていた。
・重版する機会があれば記述を変更するかもしれない。
===============================================

う〜む、、微妙な回答ですね。

正誤表はネットに公開 http://www.nippyo.co.jp/seigojoho/index.php?id=5357 されているので、これを更新すれば良いだけの話だとも思うのですが、それだと書ききれないのか?カッコワルイと思っているのか?


テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
こんばんは、確かに微妙な回答ですね。
以前、同じような事をしたことがあります。
そのときは訂正版が出版されて無料でそれを贈ってきてくれました。
cat_falcon
2011/11/20 22:14
まあ電子メールで連絡して、当方発信元の住所は明確にしていないので、何か送ってくるということはないでしょうね。以前「数学検定」の問題の誤りを指摘したことがあるのですが、木で鼻をくくったようなお礼があっただけで、その後定期的に受験のお知らせが来るようになりました。安易にアドレスを知らせない方が良かったかな?と思いましたね。
T_NAKA
2011/11/21 08:59
私の書評でも間違いの指摘はかなりしていますが、出版社にいちいち連絡はしていません。
昔から本の誤りを見つけるのも読解のうちと思っていますので(^^
残念ながらブルーバックスでさえも間違いの多い本もあるのですが、第2版で自発的に修正されることを期待しています。
アドレスなどを知られるのも嫌ですしね。
正誤表をネットで公表しているというのは良心的な著者/出版社のはずですが、その更新を面倒臭がるというのは不思議です。
karaokegurui
2011/11/23 11:04
この話題はこの本の最初の方に載っている「つかみ」の部分であるし、この数値は相対論ファンには結構流通しているので、その後の本論がいくら立派でも読む気を無くすんじゃないか?と思い敢えて連絡しました。確かに正誤表だと表現し難い内容であり、雑な理論展開をしているのが見えてしまうからじゃないか?と想像してるんですがね。。
T_NAKA
2011/11/23 16:52
ブルーバックスの「素数入門」も誤植が酷くて、鉛筆で間違いを正しながら読みました。10箇所以上はあったと思う。ここまで来ると、「ん?間違ってないか?」「なんだ、合ってた。ちぇっ」という風に、間違い探しが動機になったりしますw でも本質的な理論の誤解による間違いは困りますね。
あもん
2011/11/23 19:21
最近の専門書の数式は著者が Tex で入力しているでしょうから、昔のように印刷での誤植ミスというのは考えられず、ほとんど著者の責任で、凡ミスのようなものはあっても仕方ないのですが、編集者がある程度引っ掛けないといけないと思います。内容によっては理解できないものなのか?この本は「数学セミナー」を出版している会社が出しているので、理系の人間も居るだろうと思うのですが、上手く機能していないのでしょう。。
T_NAKA
2011/11/24 12:49

コメントする help

ニックネーム
本 文
GPSの相対論的補正をもう一度検討する_後日談 T_NAKAの阿房ブログ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる